釘調整の疑いで福岡のパチ屋が摘発される

所まで来い


福岡県みやこ町のパチンコ店を運営する法人や経営者ら10人が、書類送検されました。
パチンコ台の釘の形を、無許可で変更するなどした疑いです。

風営法違反の疑いで書類送検されたのは、福岡県みやこ町のパチンコ店を運営する「ネオ・グリーン西日本」と経営者の男性ら10人です。

経営者らは去年、店に置かれた3つのパチンコ台について、警察への申請手続きをせずに無許可で釘の形状を変更。

また、本来は別の法人が行わなければならない景品の買い取り業務を、店の従業員らが行った疑いが持たれています。

去年秋ごろに関係者から情報提供があり、事件が発覚しました。

取り調べに対して、経営者らはいずれも容疑を認めた上で「利益を伸ばすために出玉率などを調整した。経費を削減したかった」などと供述しているということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d9c3e227ec1e81f1aba7537d4cffa5830b02dc0

ツイッターでの反応

管理人コメント(無表情)
開けたのをチクられるのが定番ですが、これは閉めたっぽい言い回しですね。

トップページ(ホーム)へ