データ機器を遠隔操作する時代へ

全面フラット形状で薄型スタイリッシュな『デー太郎NOTE Lite』は、見やすさ、使いやすさ、使い勝手の良さを追求したデータランプだ。7セグ表示部はシリーズ最大。7インチワイド液晶の視認性も抜群で、遊技履歴・データを余すことなく表示する。外周のLED発光も幻想的で鮮やかだ。

小林店長は、「一番の決め手は色の見やすさ。特に白色の発色が、他社製品と比べて一番見やすかった。当初から高い位置に設置するつもりだったので、座った状態からでもよく見えることが重要なポイントでした」と導入した経緯を話す。

『デー太郎NOTE Lite』を支える『上げ太郎』は3段階の高さ調節が可能だ

近年は一部の遊技機で大型化が進み、データランプが遊技機の上部装飾に隠れてしまうことがある。そこで同店は、遊技機装飾部よりも高い位置にある幕板に設置。直立する人でも見上げる高さだ。

「一律に高い位置にしたことで、機種レイアウトの自由度を高く保てています。入れ替えのたびにデータランプが隠れることを気にかけて、その場所への配置を避けることは最善策ではありませんからね」

同店は『デー太郎NOTE Lite』の土台として『上げ太郎』も導入。同製品は既設の大一電機産業製データランプを、現在の取り付け位置から上方に押し上げる機能をもつ。調節可能な高さは下段・中段・上段の3段階。データランプが筐体装飾の陰に隠れた場合でも簡単に救出してくれる。

一方でデータランプの位置が高くなると、着席時に操作することが困難になる。このジレンマを解消する製品が『ポチ太郎』だ。『ポチ太郎』はデータランプをリモコン操作できるサポートツール。座ったままの楽な姿勢で、各種の台情報を呼び出して閲覧できる。

「データが表示される場所と、操作する場所が分離しているだけ。ランプが果たす機能は一切失われていません。むしろ手を伸ばす必要がないので、お客様の利便性は高いと感じています」

大規模リニューアルで、主軸機の拡充と快適環境の構築を果たした同店。データランプの見え方・使い方にまで配慮する気遣いが、今後の稼働に表れてくる
出典:https://amusement-japan.co.jp/article/detail/10002947/

 

 


上へあげても見えないような気がしますが、実際の所はどうなんでしょう。

トップページ(ホーム)へ