44歳無職男性、パチ屋でデジタルサイネージを蹴り壊して逮捕される

 北海道音更町で、パチンコ店の店内にあるデジタルサイネージを蹴って壊したとして、44歳の男が現行犯逮捕されました。

器物破損の疑いで逮捕されたのは、自称、音更町に住む、無職の44歳の男です。
男は、26日午後1時ごろ、町内のパチンコ店の通路にある、デジタルサイネージ(広告を映し出すモニター)を蹴って壊した器物損壊の疑いが持たれています。
デジタルサイネージは、高さ75センチ、横が1メートル25センチの大きさでした。
パチンコ店の従業員が「お客さんが1人で暴れている」と警察に通報し、駆けつけた警察が男を現行犯逮捕しました。
警察の調べに対し、男は「パチスロの大当たりしない台に腹が立って蹴った」と話していて、容疑を認めているということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e02d4abb6cd1f2e7e4b55cb2c811bbf34644136

 

ツイッターでの反応

 

 

 

 


台じゃなくそっちに行きましたか・・・。

 

トップページ(ホーム)へ