6.5号機からスマートパチスロに変わったらどうなるの?


「稼働データの一元管理が可能」であるとか「低コストで導入出来るかも?」であったり、「消費電力が少ない?」などのメリットになる話が挙がっておりますが、まだハッキリとはしていない部分もありますので何とも言えないところでもあります。

「メダル投入が無くなるから稼働が20%くらい上がる?」なんていう話も挙げられていました。効率が上がるのは間違いないですが、使えるお金もありますので単純にそうはならないかもしれませんね。ただ、本当にそうなればいいですよね!

(中略)

気になるスマートパチスロの性能ですが、性能についても基本的には過去の記事から更新はありません。
既存の6.5号機と性能面で違う点は一つ。

有利区間4000ゲーム ⇒ ゲーム数無限

この一点のみです。

(中略)

まず、スマスロにおける有利区間のリセットタイミングは下記の3つです。

 ①差枚2400枚到達時
 ②設定変更時
 ③その他の任意のタイミング

開発目線で言いますと、スマスロにおいて
「③その他の任意のタイミング」で有利区間をリセットする仕様とすることは少ないのではないかなと思います。
有利区間をリセットするとその直後は上限が2400枚になりますので、ことあるごとにスパスパ有利区間を切ってしまったら、
「吸い込んだ分含めて2400枚以上出せる」「その間はゲーム数のリミットが来ないので自由度高くゲーム性を構築出来る」というメリットを活かせないですよね。

また、一度大きく吸い込んでしまえば「①差枚2400枚到達時」のタイミングもそうそう訪れないかと思います。
残るは「②設定変更時」。設定を変更すると、それまで吸い込んでいた差枚もリセットされる。
即ち、前日大きく吸い込んだ台の設定を据え置いていれば朝から無限に出る可能性があるということです。
出典:https://pachirevo.com/developersmonologue/1922/


遊タイムをラムクリするホールは多いですし、台側で有利区間をリセットする事も出来るので、リセット後は何かメリットが無いと動かないでしょうねえ・・・。

トップページ(ホーム)へ