パチ業界「コロナ対策・依存症対策で正当な評価を得たい」

抽選待ち行列


 千葉県内のパチンコ・パチスロ店で組織する県遊技業協同組合(千葉市中央区・星山聖達理事長)は、千葉市文化センターで「経営者・管理者研修会」を開き、同組合員ら約160人が参加した。

 星山理事長はあいさつで「パチンコ業界はコロナ禍での安全性の高い施設であることや、ギャンブル依存症対策などの取り組みに対する正当な評価を得ることで、ホール運営の環境向上や地域社会との共生を目指す」と話した。

 研修会では、パチンコホール向けコンピュータシステムの開発などを手掛けるダイコク電機の片山統揚氏が「ビッグデータから紐解く新規則機時代を生き抜くための戦略」と題し講演。県警本部の担当者も「暴力団情勢」「ホール営業における当面の諸問題」についいて説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/eee706411defbd68f80ee197250e249ebb6509cb

ツイッターでの反応

管理人コメント(無表情)
このぐらいしか言えることがないんでしょうね。

トップページ(ホーム)へ