パチ屋景品交換所の強盗事件、アルバイトの女性(85)の嘘だった

所まで来い


 愛知県蒲郡市で今年3月、パチンコ店の景品交換所から現金250万円が奪われたとされる強盗事件で、被害者の申告がうそだったことがわかりました。
 今年3月、蒲郡市竹谷町のパチンコ店の景品交換所でアルバイトの女性(85)が「開店の準備をしていたら襲われてお金を奪われた」と店の社員に連絡をし、社員が110番通報をしました。

 女性は、被害は現金250万円ほどだと警察に話していました。

 警察が防犯カメラの解析などをして容疑者が浮上しなかったことから女性に話を聞いたところ「保管されている現金を使ったことを隠すためにうその申告をした」と話したということです。

 警察はこの女性について、軽犯罪法違反などの疑いで調べを進めています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/05575d91348b57f8716c27b7495c7f7bc87422f6

管理人コメント(無表情)
250万円も使い込んでないといいのですが・・・。

トップページ(ホーム)へ