ぱちとろ速報

パチンコ&パチスロのまとめサイトです。2CH・ツイッター・業界ブログから選りすぐった最新ニュースをお届けします。

パチンコニュース

パチンコのルパンで新たな演出かと思ったら・・・

ルパン
続きを読む

優良パチンコ業者でも淘汰が始まる!?

位牌


1: 名無しの養分さん 2019/03/20(水) 12:45:14.19
パチンコホール経営業者の倒産が増えている。
2016年の倒産件数は13件だったが、17年は21件、18年は26件だった。26件というのは過去5年で1番高い水準であり、
19年は「さらに増えるのでは?」との声も聞かれている。

 こうしたなか、パチンコホール経営業者の仙都サービスが倒産した。
直近決算の18年10月期は年売上高約7億3700万円、負債額は約11億3200万円。決して大規模な倒産ではないが、
現在のパチンコホール業界を象徴する倒産で、業界内で注目されている。

 同社は1969年9月設立。業界内では古参で、パチンコブーム最中の90年代には年売上高約70億円を計上する優良企業だった。

 だが、景気後退や5号機問題の規制強化の動きでブームが衰退し、
業績が悪化。業績回復を目指し、新台入れ替えなどによる集客力の向上、設備導入で経営の効率化を図ったが、ジリ貧が続いた。

 設備投資に充てた資金借り入れで金利負担が膨らんだほか、売り上げ減少によるキャッシュフローの悪化が資金繰りを枯渇させた。
2018年頃から税金を滞納するようになり、19年2月27日に事業を停止し、28日に破産手続き開始決定を受けた。

 こうした栄枯盛衰は、同社に限らず多くのパチンコホール経営業者が迎えており、
同様のパターンで過去の優良業者が淘汰(とうた)されていくのではないかという声が聞かれている。

 売り上げが落ち込んでいたとしても、資産があるうちに廃業、不動産賃貸業者への転業ができれば良いが、
ホール経営のジリ貧が続くなか、債務超過に陥り倒産するというケースも増えてきている。

 パチンコホール経営業者の倒産ピークは07年と08年。それぞれ年間72件の倒産が発生した。
あれから約10年の時を経て、再び危機が訪れるのではないかとの不安を感じている業界関係者は多い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00010000-newswitch-bus_all

続きを読む

稼働中にお店が停電したんだが・・

続きを読む

P蒼穹のファフナー2の先走り台の被害者のデータ

48: 名無しの養分さん 2019/03/18(月) 17:29:47.96
今日は3台同時にラッシュ入って隣の隣が昨日先走り9割の台だから1番に抜けるかとおもったら粘って10連、隣も10連、自分は12連とまぁまぁ健闘した 
その後皆即ヤメしてったので先走り9割をちょっと打ってみたらすぐラッシュ入って6連したけど先走りしなかった 
傾斜は毎日変えてるのかな?


参考:スレテンプレより
Q 「先走り」って何?
A 勝負玉が解放される前にストッパーがパカパカします
そのパカパカしてる間に落ちるのが先走りです


続きを読む

マクロスフロンティア3で確変中1000ハマリ超えた

506: 名無しの養分さん 2019/03/20(水) 13:40:30.97 ID:6OQGHxaYd
確中2連続500ハマリ

17000発出てるけどだるい

続きを読む

パチンコで緩和、「賞球の制限なし」との事

続きを読む

リゼロの電光看板が残念な事になっている

Re;ゼロから始まる
続きを読む

北斗の拳作画の原哲夫さん、パチマネーでトータル収入は500億円以上か

1: 名無しの養分さん 2019/03/18(月) 17:58:14.12

https://npn.co.jp/sp/article/detail/00008759/
no title


 有名で稼いでいる漫画家と言って一般的に思い浮かぶのは、『ドラゴンボール』(集英社)の鳥山明や『ONE PIECE』(同)の尾田栄一郎だろうか。
実は、もしかすると若い人にはなじみのない漫画『北斗の拳』(同)の作画・原哲夫のトータル収入は500億円以上だという。耳を疑うような額だが、いったい、原哲夫の報酬の内訳はどのようになっているのか。

 一般的な漫画家の年収は、数万円から数億円とかなり幅広い。漫画家の平均年収は300万円以下。一般のサラリーマンの年収400万円と比較すると、かなり低いことが分かる。
漫画が掲載された時に発生する原稿料や単行本が売れた時の版権使用料のみでは大した額にはならないが、作品が大ヒットし、アニメ化、グッズ化などさまざまな形に派生すれば、多大な版権料が発生し、収入は飛躍的にアップする。

 ところで、キャラクターを使って物を販売した側が、原作者に版権使用料を支払う方法は主に3通りある。一つ目が、単価の3~5%で売れた個数をかけたものだけ払う方法。二つ目が、制作可能な個数を決め、最初から決まったお金を払う方法だ。三つ目が、最初に決まった額だけ支払い、それ以上売れた場合は、先に挙げた一つ目の支払い方法に切り替える方式だ。

 版権料としてオイシイとされているのが、パチンコ・パチスロだ。人気ライトノベル『涼宮ハルヒの憂鬱』はSANKYOがパチンコ・パチスロ化し、10億円もの版権使用料が発生したとの噂がある。
人気漫画『聖闘士星矢』(集英社)は三洋物産がパチンコ・パチスロ化しているが、その版権使用料は15億円だと言われている。ただし、パチンコ・パチスロ化の版権使用料もピンキリで、豊丸が2011年にリリースした『CR江頭2:50』は非常に安く、数百万円も行かなかったという。

 パチンコ・パチスロ化の版権長者として有名なのが『北斗の拳』の原作者・武論尊と作画・原哲夫の2人だ。武論尊は2013年6月22日放送の『ジョブチューン~職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)で、パチンコ・スロット関連収入については「言うとみなさんが不愉快になる」と、詳細を伏せた。
今までパチンコ・パチスロ化された『北斗の拳』の累計販売台数は150万台以上と言われている。1台当たりの版権使用料が3%、1万円の契約だとしても150億円。最低でもこれだけの額が武論尊の懐に入ったとされている。


 作画の原哲夫は『北斗の拳』以外にも、『花の慶次』『蒼天の拳』(ともに集英社)というヒット作に関わっており、それらの作品も長きに渡りパチンコ・パチスロ化が続いている。
おそらくトータルでは原作者・武論尊の2倍、いや3倍以上はもらっているハズだ。この原哲夫の長者ぶりを見て、今は有名な漫画家が、こぞってパチンコ・パチスロ化してほしいとメーカーに逆オファーをかけているそうだ。

 ただ、現在は長きに渡るパチンコファン離れにより、多くのホールが困窮している。その影響で、パチンコメーカーの台の売り上げも激減。つまり、漫画家は自分の作品がタイアップされても大したバックがもらえないのだ。それでも、有名な漫画やアニメのタイアップ機の新作登場が尽きないのは、ウマミが少なくても「もらえればOK」というスタンスなのであろう。

続きを読む

「元NO.1ホストが店長就任」というパチンコ屋が現る

何でもアリですか、パチンコ業界・・・。

元ホスト店長


KIKUYAと書いているので、東海や関東でチェーン展開しているキクヤさんでしょうか。

続きを読む

CR真・北斗無双のお宝台に座れてしまった

511: 名無しの養分さん 2019/03/15(金) 13:54:52.46 ID:jZzDezRSp
ヘソ左側の釘が抜けそうなくらいユルユルでk25回る台座れてしまった
止められるまでは打とう

続きを読む
記事検索
楽天市場
Twitter
2018年にもなってパチンコ・パチスロのまとめサイトを立ち上げました。 皆様のお役に立てるよう、頑張って更新します。
当サイトの問い合わせ窓口、プライバシーポリシーは
管理人からの挨拶
ページに掲載しております。

Amazonライブリンク
スポンサードリンク