マルハンの顧問だと称して350万円を騙し取った77歳の男が逮捕されたそうです。



宇野健彦容疑者(77)は3月、大手パチンコチェーン「マルハン」の顧問を装い、建設会社役員の男性(50)に対して「自分が言えばパチンコ店に防犯カメラを設置する工事が請け負える」と嘘を言い、仲介手数料などとして現金350万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、宇野容疑者は嘘の発注書を見せて男性を信用させていたということです。マルハンにも同様の被害に遭ったという情報が複数、寄せられていて、警視庁が余罪を捜査しています。




荒巻
マルハンもいい迷惑でしたね。


本日のおすすめ




トップページ(ホーム)へ