換金所

ニートなら一度は憧れる換金所のお仕事、その給料について書かれた記事がありました。

当該換金所で働くA子さんは御年70歳。ここで30年以上働く大ベテランだが、当該店舗が閉店する情報など知る由もなかった。換金所は全く別の第三者が運営しているので、閉店情報などはなかなか入ってくるものではない。

「おばちゃんも死活問題だよ。後、5~6年は働けると思っていたのに…」と唖然とする。

この換金所は3人のローテンションで回している。一番若い人でも58歳。全員、業務請負という形態で働いている。要は個人事業主という形態だ。これなら雇い主は雇用保険を払う必要もない。働き過ぎで労基に訴えられることもない。

おばちゃんの日当は時給換算すると1時間1500円。7時間働いているので日当1万500円になる。休みは10日1回ぐらい。月給にすれば27万円ぐらいは稼いでいる。

「70過ぎてこんな楽で、給料のいい仕事はないよ。昔は計算間違いを自腹で精算していたので、日当が飛んだこともあったけど、今は機械が全部計算してくれるので、間違うこともない。特に、貯玉が普及してから閉店直後の忙しさがだいぶ減ったので、余計間違いがなくなった。夏はクーラーが効いて涼しい。冬は暖房が効いて暖かい。暇な時間はラジオを聴いたり、本を読んだり。本当にいい仕事だよ」

ホールの契約社員となると給料は17~18万円。ホールで走り回っているスタッフよりもいい給料をもらっている。

高齢者でも頭さえしっかりしていれば、生涯現役で働くこともできる。確かにいい仕事だ。幸い、おばちゃんは貯えもしっかりしているが、人生設計が狂ったことは間違いない。




荒巻
僕の社会人時代より給料がよくてワロエナイ。

楽なのは目に見えていますので、時給1000円でも喜んでやりたいですが、パチ屋の数は年々減っているので新たに募集される事はないのでしょうねえ・・・。


他の記事も是非ご覧下さい


管理人ブログもよろしくお願いします