パチンコ店のPRにかぎらず、ネット社会に誹謗中傷はつきものだ。双方向性を有するツイッターなどではネガティブなコメントが直に伝わる。「アイドル店員」はそうした攻撃からの防御を訓練されたプロではなく、あくまでごくふつうの女性たちにすぎない。
mikado_gotanno2_20201007

『ミカド五反野店』(東京都)の「アイドル店員」である〝あんこ〟(同)さんは、ツイートを開始してからしばらくのあいだ、「可愛くない」といった悪意のあるコメントを受け、「4キロも痩せた」と話していた。〝あんこ〟さんのメンタルは同店の店長が愚痴の聞き役として支え、「ツイートをいつ辞めてもいい」という逃げ道も与えつづけてきた。

ひとりの女性従業員に店のPRを任せる場合、店長はもちろん、同僚たちの理解や協力が欠かせない。ある店では、「ツイッター担当の女性従業員をストーカーなどから守るため、店の費用負担でオートロック式のマンションへ引っ越させた」との話も聞かれた。(https://johojima.com/pachinko_news/post-168842/2/


管理人コメント(無表情)
あとみんさん、ストーカーはダメですよ。









トップページ(ホーム)へ