政宗3は相当攻めたスペックだそうです。
ネットでもスペックが公表されて

いるので大体はわかっていましたが

実際に見てみるとかなり凄かったです。

 

AT性能がとにかく凄くて

どの設定からも共通で

メインATに突入すると平均1000枚

とれるとの事。グラフでの設定判別が

できにくい仕様となっています。

吉宗と比較するとあたり自体は

軽いです。

 

天井到達確率は10%以下だそうです。

 

演出もかなり派手になって

いましたね。

 

細かい所まで言ってしまうと

楽しみがなくなるので

ここまでにしておきます。

 

メーカーさんの苦労話も聞かせて

もらいました。このレベルの台の審査を

通すとなると適合確率が5%ほどになってしまう

らしいです。1回の審査が100万以上なので

かなりリスクを負って作っているということ

を聞かせてもらいました。

いいスペックの台を作ろうとすればするほど

適合率が落ちて審査費用がかかってしまう。

なかなか聞けない話だったので勉強になりました。

管理人コメント(無表情)
5%というのは営業マンのセールストークだと思いますが、6.1号機でベース38G/1Kとなり、6号機特有の高設定の小波右肩上がり仕様がいくらか緩和されます。












トップページ(ホーム)へ