今回発表された「業界初“JACK POT”を搭載した新スペック」としては、京楽産業.製「ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえver.」と、フィールズから発売の発表があった同じく京楽産業.製「ぱちんこ ウルトラセブン 超乱舞」にも搭載されているようだ。

まず「ぱちんこ劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえver.」から簡単に説明すると、一種二種の甘デジで、RUSHには時短25回+残保留4個の「マギカ☆RUSH」と、時短295回+残保留4個で事実上、ほぼ次回確定となる「アルティメットRUSH」の2つがあり、この「アルティメットRUSH」のシステムが「ジャックポット」と呼ばれている。特徴としては、この「アルティメットRUSH」に突入する割合は10.1%しかないものの、一度突入すると「アルティメットRUSH」が50.3%で継続する、という点。つまり、通常RUSH中にこの50.3%ある10R大当たりを引いても、「アルティメットRUSH」に突入するのはその5分の1程度だが、一度突入したら、10R大当たりを引く限り必ず「アルティメットRUSH」が続く。

(中略)

「ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえver.」の特図2の見た目上の振り分けを見てみたい。

(見た目上)特図2の振り分け

・10.1% →10R
(電サポ中)電サポ295回
(非電サポ中)電サポ295回
・40.2% →10R
(電サポ中)電サポ295回
(非電サポ中)電サポ25回
・49.7% →3R
(電サポ中)電サポ25回
(非電サポ中)電サポ25回

しかし、このままだと残保留4個よりも時短25回の方が圧倒的に長いため、通常RUSH中でも、電サポ25回中に50%以上ある10Rを引いたら、これらは全て「アルティメットRUSH」に突入してしまう事になる。ではどうやって突入率を10.1%まで抑えているのか? 実は、厳密には以下の様な振り分けになっていると考えられる。

(実際の仕様)特図2の振り分け

・10.1% →10R
(電サポ中)電サポ295回
(非電サポ中)電サポ295回
・40.2% →10R
(電サポ中)電サポ295回
(非電サポ中)電サポ25回 または小当たりまで
・49.7% →3R
(電サポ中)電サポ25回 または小当たりまで
(非電サポ中)電サポ25回 または小当たりまで

一部大当たりに「または小当たりまで」という条件が付いている。こうする事で、時短25回中に小当たりを引いた場合、「小当たりした瞬間に電サポは終了」する。つまり「小当たり」→「時短終了」→「V入賞」→「大当たり」という流れになるため、時短25回中に小当たりした瞬間「電サポ中」ではなくなり、V入賞して大当たりする瞬間は「電サポ終了後」、つまり「非電サポ中」に当たったものとなる

例えば25回の電サポ中に小当たりを引いた場合、V入賞する瞬間は「非電サポ状態」なので、それで3R大当たりとなった場合は、次回も電サポ25回となる。ただし「電サポ295回」中の小当たりであれば、この場合は「または小当たりまで」の条件がないため、小当たりした瞬間は「電サポ中」のままなので、V入賞して大当たりした瞬間も「電サポ中」となる仕組みだ。結果として10.1%の「時短295回」を引くまでは時短25回を繰り返し、一度でも時短295回を引けば、以降は10Rを引く限り「時短295回」が継続することになる。


管理人コメント(無表情)
よくある「通常状態」OR「電サポ状態」という分岐に加えて、
「小当りで電サポ終了するかどうか?」という条件を組み合わせる事で、最上位モードに分岐させるのが可能になっているわけです。

ただ、最上位モードをジャックポットという呼び方をするのはどうなのでしょう。

ジャックポットって、掛け金をプールする性質がある大当たりを指すはずですけど。







トップページ(ホーム)へ