設置期限延長におけるホール側の誓約書の提出が80%らしい を問題視したようで、全日遊連でも違反ホールに資格停止などのペナルティを検討しているそうです。
記者会見では、経過措置延長を受けホールに求められている誓約書の回収状況について問われた阿部理事長は、
「概ね把握しているが地域差もあり、加盟・非加盟ともに100%提出している地域もあれば、一部提出状況が低い地域もあることも事実。今回の措置は我々の信用を見据えての延長で誓約書の提出が趣旨ではない。計画的に外せなかったでは済まされない問題である」と述べ、
今回の経過措置延長はあくまでも旧規則機を計画的に撤去することが前提条件にあるとして、指導監督をする意味でも引き続き非組合員店舗の組合加入促進も同時に行っていきたいとした。
ペナルティに関しては「現状はない。しかし、21世紀会の各団体で決議事項を遵守しなかった場合は一定の期間、組合員または会員資格を停止するという規約を作るよう進めている」と明かした。
出典:https://yugi-nippon.com/pachinko-news/post-36428/



管理人コメント(無表情)
警察を舐めたような事をしない方がいいと思いますが、無視するホールもあるのでしょうね。







トップページ(ホーム)へ