東京医師会が会見を開き、パチンコ店がクラスター感染源になったという情報を発信して物議を醸していました。

具体的な記事
 東京都医師会は13日、記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染が続く中で経済活動を再開させていくことを見据え、「新しいライフスタイル」を提案した。

東京都医師会、17の「新しいライフスタイル」を提案
会見する東京都医師会の猪口副会長
 猪口正孝副会長は「経済を復興させていく再建していく過程で、自粛をいままでの形ではできない。ライフスタイルを変えないと新型コロナウイルスはあっという間にオーバーシュート(してしまうことが)が考えられる」と述べた。都医師会の提案するライフスタイルとして、猪口副会長が紹介した主なものは以下の通り。


(1)ネットでは3密が分からないと言われる。「むんむん、ぎゅうぎゅう、がやがや」と子どもにも分かりやすいセリフが出ており、こういう言葉を合言葉に、子どもたちにも分かってもらいたい

(2)「3密」の空間に行ったことは本人が自覚している。自分だからこそ分かることがある。3密空間に長くいたと分かったら、安定して大丈夫と思うまで人に気を遣う

(3)発熱・倦怠感・無味無臭などいろんな症状が出る。潜伏期間平均が5日くらいと一般的に言われている。自分がまずいなと思った空間にいてから5日後にこのような症状があったらすぐかかりつけ医に相談する。早めに(PCRなどの)検査をして、早目に対応する。症状が出る前後にウイルスの排出量が一番多く、早く検査して早く確かめることが大切

(4)顔を触る前には手で触れない。アルコール消毒をする

(中略)

(14)パチンコ、ライブハウス、ジムなどクラスターが本当に発生した場所をどう運営するか知恵がわれわれにはないが、運営の方々が新しいスタイルを考えてもらいたい
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00010003-wordleafv-sctch


それに対してパチンコ業界から猛抗議があったようで、東京医師会が謝罪した形です。



SnapCrab_NoName_2020-5-14_17-19-55_No-00
出典:https://www.tokyo.med.or.jp/18877



管理人コメント(無表情)
原稿を誰もチェックしなかったのでしょうか。




トップページ(ホーム)へ