無理



 年々“出玉性能”が低下してきていると言われるパチスロ。現行の「6号機」と呼ばれるパチスロ機では、一撃の出玉が2400枚以下という制限がかかっている。パチスロ事情に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が説明する。

「パチスロ機においては、つねに“射幸性”が問題視されています。射幸性とは、言い換えれば“ギャンブル性”ということ。つまり、短時間で大量の出玉が出るような性能のパチスロ機は、規制されるのです。当然、短時間で大きく勝つ可能性がある機種は、その分短時間で大きく負ける可能性もある。そういった機種にハマった結果、ユーザーが多額の借金をするようになったり、依存症のような状態になったりする危険性も高くなるということですね。

 1992年頃から2005年頃までに登場していた4号機の時代がもっとも射幸性が高く、5号機へ移行したことで出玉性能は大幅に制限されました。しかし、出玉性能が落ちるとユーザーも減ってしまうということから、メーカー側は徐々に射幸性の高い機種を発表するようになり、5号機のピーク時はそれなりに出玉性能が高い機種もありました。そして、再び6号機となって、出玉性能は制限されたのです」

 出玉性能が規制されるたびに、パチスロファンはそれなりに離れていくというが、なかにはずっと打ち続けているという人もいる。40代後半の男性会社員・小川さん(仮名)は、20代前半からパチスロを打っていた愛好家だ。

「私がパチスロを打ち始めたのは4号機の時代で、確か1990年代の終り頃。当時はそんなに複雑なシステムの機種も少なくて、“目押し”(回転しているリールの動きを見て、リールを止める技術)の精度で出玉を稼げる時代でした。演出も全然派手ではなかったけど、地道に打って遊んでいました。

 そこから20年以上経っているわけですが、どんなに出玉が規制されてもパチスロをやめることはありませんでした。“全然勝てない”と感じていても、どうしても打ってしまう。借金したり、生活が破綻したりしているわけではないので“依存症”ではないとは思うのですが、“パチスロホリック”という状態なのかも。そもそも“パチスロをやめたい”と思ったこともまったくないですし」

「一撃でまくれる」という思い込み

 特に「6号機時代」になって“勝てない”と感じていても、パチスロをやめない小川さん。一体どういう心理で打っているのだろうか。

「新機種が出ると、とりあえず“どんな機種なんだろう?”と、好奇心から打ってみることが多いですね。そもそも初めて打つ台だから、どんな感じかも分からないし、“負けても当然”みたいな感覚でもあります」(小川さん)

 また、頻繁に打っている機種では、妙なポジティブシンキングが働くことも多いという。

「打っている間は、“もしかしたら高設定かもしれない”と感じていることが多いのは確かです。ちょっとでも高設定示唆の演出が出れば、なかなか出玉が増えなくても、そのまま打ち続けることが多いです」(小川さん)

 店側が台ごとの出玉性能を調整できるのが、「設定」という機能。基本的に6段階で、数字が大きいほど出玉性能が高くなる。また、機種によっては液晶画面の演出などで、設定を示唆することもある。たとえば、「ボーナス中に〇〇というキャラが表示されれば、設定5以上の可能性が高くなる」といった形だ。前出・藤井氏はこう話す。

「高設定示唆の演出は、あくまで“示唆”であって、低設定でも一定の確率で出現します。“高設定確定”の演出であれば信用できますが、“示唆”の演出はあくまで“示唆”。それを信じ込んで深追いしたけど、実は設定1で大負けするというのはよくあること。高設定示唆の演出が1回出たくらいで、高設定の可能性が高いと判断して打ち続けるのは少々危険です」

 さらに小川さんは、いくら負けていても、「一撃でまくれる」という期待を常に抱いてしまうという。

「パチスロって、一撃で数万円分の出玉が得られるのが醍醐味だと思うんです。そういう大きな当たりを引けば、結構負けていても一気にまくれる。出玉性能が低い6号機だって、一撃で2400枚出る可能性もあるわけです。等価で換金すれば約4万8000円です。だから、つねに“4万円くらいの負けならまくれる”という気持ちを抱きつつ、打っています。まあ、実際にまくれたことは、あまりないんですが……」(小川さん)

根拠のないポジティブシンキング

 とにかく、負けていても楽観的に打ち続けている小川さん。「パチスロホリック」を自任しているが、危機感はあまり感じられない。小川さんのようなユーザーについて、藤井氏はこう話す。

「小川さんの場合、生活に支障をきたしてはいないものの、典型的な“パチスロ依存症”に見えますね。パチンコもパチスロも、当たらないときは本当に当たらない。時間がある限り、いくらでも負けられてしまうものだと思ったほうがいい。“一撃でまくれるかもしれない”などという根拠のないポジティブシンキングは危険です。基本的に、パチスロはあくまでも“遊び”ですからね。“勝てる”と信じて打つものではない。

 また、“プロ”と呼ばれるような人々は、少なくとも低設定だと判断した台は打ちませんし、“設定判別”もかなりシビア。低設定の可能性がある台を深追いするようなことはしません。そういう意味では、小川さんの打ち方は勝つ可能性も低いし、それどころか身を滅ぼす方へと進んでいるかのようにも見える。一度に使う金額を決めるなど、適度な遊び方を実践したほうが良いと思います」

 自分では「まだ大丈夫」だと思っていても、たまたま借金地獄に陥っていないだけで、依存症の予備軍となっている人は、案外多いのかもしれない。


ツイッターでの反応
















管理人コメント(無表情)
コイン持ち良くなっても実質青天井ですからね・・・。

関連:
ワイの好きなパチスロ6号機で打線組んだ

動かない6号機を作るならメーカーはコレをしろ

6号機ジャグラーが発表されたわけだが




トップページ(ホーム)へ