6号機は概ね「低設定が荒くて、高設定が安定している」傾向にありますが、その理由は試験対策にあるそうです。


→設定1エキストラ 上記「6号機型AT」の副産物として、一部機種で利用されていると思われる"最適実射試験対策" 最適実射試験では、前述のとおりメーカーに提出さ せた資料に基づく『最も出玉率の高い打ち方』にし たがって試射を行うのだが、 設計出玉率が100%を切る設定に限っては
A.初めから3枚がけを続け3枚がけ減るボを揃え続けた場合の出玉率:99.9% -
B.2枚がけ専用ゼロボを内部成立させたまま3枚がけでプレイした場合の出玉率:99.9%未満
という仕様を設計することにより、最適実射の打ち方をAとして提出できる(と思われる) したがって、この場合は試験では打たせないBの打ち方を続けた場合の出玉の波を無制限に荒く(有利区間 差枚リミッタの範囲内で)しても問題ない これを採用した機種全般の特徴として、設定1のみ極端にコイン単価が高く、それ以外は極端にコイン単 価が低くなる傾向が挙げられる


Twitterの反応




管理人コメント(無表情)
限界スレが復活していたのは知りませんでした(5.9号機の頃はほぼ活動してない状況だったので)

僕は、6000Gで170%を超えると怒られるから高設定は荒波仕様に出来ないという解釈でしたが、6号機の厳しい規制の中だと、あれが現状の限界という事ですね(安定して出玉が増えるのならそれで十分ですが)。








トップページ(ホーム)へ