審議








80%~90%継続の場合、1回あたりの出玉は平均700個程度になるそうです。

ホールのコンサルティング事業を行う遊技産業未来研究所は12月26日、東京都墨田区の「東京スカイツリーイーストタワー」で定例セミナー「未来研究会」を開催。

同社の中野忠文社長やフィリップモリスジャパンの五十嵐正人スーパーバイザーら、4人が講演した。

中野社長は、65%規制撤廃の新内規機種について、「ミドルスペックとして、80%継続のバトルタイプや90%継続のSTタイプなどをシミュレーションしてみたところ、T1Y(大当たり1回の平均獲得差玉)は両者とも約700個程度にはなるが、平均連チャン数が5~7回のものが作れる」との見解を示した。







管理人コメント(笑顔)
ショボ出玉でも、1500個規制に慣らされた頃なら楽しく感じるかもしれませんね。




本日のおすすめ




トップページ(ホーム)へ