POKKA吉田さんと木曽崇さんが設定付きパチンコについて対談しました。

読書



◆釘問題を放置し続ける警察とパチンコへの設定導入

──今年2月に風営法施行規則が改正され、パチンコ台に最大で6段階の「設定」をつけることが可能になりました。あれは、POKKA吉田さんとしては、どう評価していますか?

POKKA吉田:パチンコ台の設定について、俺はいいことだと思ってるし、業界的にも好意的に受け止められていますね。8月に3つの型式が出たんやけど、そのうちの「Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ」(SANKYO)って機械が、注目されました。初日の稼働データがすごくよくて、しかも店側の粗利が若干の赤字やったんです。普通は導入初日から赤字なんてことになれば、パチンコ屋は「台の不具合だ」とか「攻略法があるぞ」って騒ぐんですが、今回の場合は、店側も頑張って高設定を入れていたということです。

木曽崇:僕もパチンコ台に設定はあるべきだと思ってます。でも、設定を入れるのと同時に、曲げられない釘に移行しないと理屈が合わない。以前の対談記事でもPOKKA吉田さんが指摘してたけど、釘を開けるのは、パチンコ台の無承認変更に当たる罰則付きの違法行為ですからね。

POKKA吉田:現状のパチンコ屋では、設定と釘と両方をやれるんです。釘を開けて設定も高いか、釘は閉めてるけど設定高いか、釘は開いてるけど設定低いか、設定低くて釘も閉まってるかという4パターン。お上としては、設定を導入することで、そうした釘調整や釘曲げの抑止になるって公言しているんですが、要は釘問題を解決する気がないのよ。

木曽崇:本当にそうなんだよね。釘曲げはもうやめようよって思いますよ。釘を曲げられない樹脂に置き換えて、叩いたら折れる仕様にすればいいのに。わざわざ金属の中でも加工が容易な真鋳の釘を維持したいのは、真鍮釘を作っている会社に警察庁がなにか利権を持ってるからなんですかね? そうじゃないと理屈が合わなすぎますよ。

POKKA吉田:今の技術上の規格では、「遊技釘等の材質は、真鋳またはそれと同等の硬度をもっている金属であること」と定められていますけど、釘を叩けない構造にすること自体は、現状の規格のままでも可能なんです。例えば釘の両端を硬質プラスチック棒にしておけば、叩けなくなるよね。もし叩いたら、釘は大丈夫だけど、両端が折れたりするから。ただそれをやると、ダブルスタンダードがバレる。規則改正して経過措置を付けたとすると、経過措置型式は釘があって叩けて、改正規則機は硬質プラスチックだから叩けないってことになればおかしいでしょう。叩ける台が、なんで今まで合法だったのか?って議論に絶対なるんで。

──パチンコ店の営業上は、釘を叩ける台の方がメリットが多いんですか?

POKKA吉田:釘をいじれる方が、他店と差別化できるんですよ。金がない店の中には、釘の良し悪しで勝負しているところもあります。たとえば命釘の間隔が11.75mmの場合と12.00mmの場合とでは、スタート回数がまるで違ってきて、それで出玉率が大きく変わる。大手ホールについても、今回の規則改正案が去年出た段階で各パチンコメーカーが「釘を叩けない台のほうがいいの?」って意見を聞いてます。そしたら、本当に叩けなくなったら叩けない台の方がいいけど、叩ける間は今のままがいいっていう返事が圧倒的多数。「叩ける機械も叩けない機械もメーカーの設計次第でできますよ、どっちがええ?」って聞かれたら、叩ける機械がええって言うに決まってますよ。だから、警察庁は釘を叩けないような規則にするべきやったのに、そうしなかったということは、釘問題について警察庁はもうええって思てるのかもしれない。

木曽崇:’15年には大手メディアがそろってパチンコ台の不正改造を報じています。このとき警察庁はパチンコの釘を大社会問題に仕立て上げて世論を味方につけて、不退転の決意でこの問題を解決するんだろうなって僕は思ってたんです。なのに途中で腰砕けになっちゃうんですから、僕としてはすっかり肩すかしですよ。シンプルな解決策が目の前にあるのに、それを採用しないっていうのは、「えっ!?」としか思えない。お前らが釘を叩けるように台を作らせてるのに、これから先も「叩いたやつが悪い」って言い続けるのかっていう話ですよね。

POKKA吉田:それがまた言い続けるんですよ(苦笑)。’17年4月から設置する新台について、メーカーは「釘確認シート」という制度を始めていて、パチンコ店への納品状態は、保通協(※保安通信協会=国家公安委員会の指定試験機関)の型式試験に適合した状態、すなわち検定を受けたときの状態と一緒だってことにしているんです。つまりパチンコ店の現場で釘の状態が変わっていたら、メーカーとしては、「それ俺ら知らんわ」って話。叩いてるのはパチンコ屋しかいない、叩いたヤツが悪いという理屈。こんな状況を続けるよりも釘をなくすべきだし、それでこの問題はおしまいだよ。設定だけになるってことはスロットと一緒ですから、玉かメダルかというだけの話になる。



管理人コメント(無表情)
「一般入賞口には入るようになったから健全」みたいな建て前で知らんぷりしてるんですかね。

関連:
【朗報】調査した全ての台で一般入賞口への入賞を確認

業界人が設定付きパチンコの釘調整に言及

パチ屋ってどんなに客が減っても絶対に釘開けないよな

設定付きパチンコが大コケした理由

保通協の試験申請料、パチ144万・スロ162万って高過ぎじゃね?


本日のおすすめ




トップページ(ホーム)へ