炎上


パチンコ屋の倒産情報を見たYAHOOが別の会社と勘違いして対応した事で炎上しています。
老舗菓子屋「浜幸」がYahooショッピングでの販売を8月末で終了し、Yahooショッピング上のオンライン店舗も閉店すると発表した。

倒産したパチンコ「浜幸」と間違えられた。

お父さん

浜幸の説明によるとこうだ。ある日、Yahoo!ショッピングストア解約担当から「帝国データバンクの情報により、契約を解除させて頂く」というメールが来た。ちょうど同名のパチンコホール運営会社「㈱浜幸」が7月3日に破産を申請したのでその誤解だろう。

代表の名前も同じ。

パチンコの浜幸:資本金1,300万円、高知市和泉町9-7、浜田幸広代表

お菓子の浜幸:資本金3,440万円、高知市大津乙695-1、浜田幸広代表

しかし業種も住所も違うので分かりそうなものだが…。

浜幸のスタッフはすぐに担当者に連絡しようと試みるも、連絡先が分からない。唯一繋がったのはコールセンターだったが、Yahooには連絡できない。

数日経ってからYahooから誤解していたとメールが来た。しかし電話での謝罪はなく、浜幸ではこれを機にYahooショッピングから撤退することにした。今後はウェブ上では公式HPと楽天でのみ販売するという。

 出典:http://netgeek.biz/archives/123743



ツイッターでの反応






荒巻
代表者の名前まで一緒なら、勘違いしてしまうのは仕方ないですし、利用者保護の観点から緊急の取引停止措置もやむなしですが、問題はYAHOO側との連絡手段が無いことかと。

出店側は取引先なのですから、直通の連絡先はあってしかるべきです。

Amazonや楽天も同じようなシステムであり、俺様対応をしている限り、いつかは手のひらを引っくり返される事になるでしょう。


トップページ(ホーム)へ