京楽産業(株)の2017年6月期決算が公開されました。



 パチンコ・スロットメーカーの京楽産業(株)の、2017年6月期決算が明らかとなった。
 同期は、売上高566億5,200万円、経常損失128億3,100万円、当期純損失266億6,600万円を計上し、売上高は前期比で226億8,800万円の大幅増収をはたしたものの、当期純損失は2期連続で200億円を超える大幅赤字を計上した。

 2017年は、パチンコ「魔法少女まどか☆マギカ(以下、まどマギ)」や「GANTZ EXTRA(ガンツ エクストラ)」など、遊技ファンから一定の支持を集める新機種の開発・販売に成功した同社。18年は「まどマギ」のライトミドルタイプ(大当たり確率が高いタイプ)など人気コンテンツを採用した新機種を複数台市場投入しており、18年6月期の業績が注目される。
【代 源太朗】


ツイッターでの反応


ガッカリ
売上が大きく伸びたのにド赤字なんですね。



本日のおすすめ




トップページ(ホーム)へ